2020年10月12日

帝都物語 - 嶋田久作, 原田美枝子, 勝新太郎, 実相寺昭雄
帝都物語 - 嶋田久作, 原田美枝子, 勝新太郎, 実相寺昭雄



キャストが豪華すぎて、というか
キャストが濃すぎて鼻血。

パパ平さんが息子平さんに見えてくる。


個人的には、
坂東玉三郎扮する泉鏡花が
最後にタロットカードを追いかけて、
神社の境内を走るシーンが、
優雅すぎて風雅過ぎて、
その所作に、
それまでのすべてが持っていかれました、はい。
posted by さんま at 08:09| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殴りあう

殴り合う貴族たち (角川ソフィア文庫) - 繁田 信一
殴り合う貴族たち (角川ソフィア文庫) - 繁田 信一


そりゃこんな奴らばっかりだったら、
光源氏にきゃいきゃい言うわ、
という
納得の一冊。


古風な暴力を表現する単語を習得するのにもってこいです。
posted by さんま at 08:07| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IMG_4476.jpg
今日行かない予定だったの。
明日行って、アンバターでも食べようかなって思ってたんだけど、
鯖サンドとは卑怯な。



で、店に言ったら、
鯖に色めきだった人たちが他にもいるそうで、
ほぼ完売だそうです。
鯖効果絶大。


私の中で鯖は
@めったに釣れない
A母が大嫌いなため食卓にあがらない
という要因から、
ものすごく高級な魚の部類です。鯖好き。



そして鯖臭い、私。


嗚呼愛しき貴方、そう鯖。

いつまでも貴方はその残り香を、
この唇に指先に
まるで呪いのように染みつける。

忘れがたき貴方、そう鯖。
纏わりついて離してくれないのです。

posted by さんま at 07:41| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする