2020年10月19日

美味しいのこと。

某飲食店閉店の報を聞いて、
味と店は、
油断してるとするりと消えてしまう。
そこで買って食べていた誰かの日常は
忽然と消えてしまう。
日常とは移ろいやすく、
久しく留まったりしないのだ。
と思った月曜日の朝。

お外ごはんが好きなだけで
権力も経済力も
ましてや発言力も何もない自分は、
所詮通りすがりの消費者で、
所詮いつでも、
外野で無責任。



無力な自分にも珈琲はおいしい。
おいしいは平等。
誰かの美味しいが生まれて消えて、
消えて生まれていく。
でも、同じ美味しいは生まれない。


方丈記の冒頭は真理だ。




朝からワインとビールでモーニングが食べられて、
パンが御代わり自由という、
セレブな朝ごはんの店がなくなってしまった。
そして、
パン職人はウーバーやらウォルトの配達をしている、と。

この前マックをウーバーで頼んだ時も、
自分の父親ぐらいの年齢の方だった。

雨あがりの湿った道路で自転車で、と
中々安全ではないお仕事だ。


でもそれが便利と思って使う私がいて、
そういうかんじでぐるぐる経済はまわる。




畢竟、
推しには課金するしかないのだ。


posted by さんま at 11:07| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Good morning

IMG_4585.jpg


ひとが食べているのを見ていたけど、
自分では食べてなかったあんばた。

見つけて即決注文だったけど、
そういえば、
お昼は御座候…



私三食肉は無理でも
三食アズキはいける人です。


どれも同じ餡子じゃないから大丈夫。


そして疲れがとれていない。
posted by さんま at 07:40| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする