2021年01月06日

待望

NHK 100分 de 名著 カール・マルクス『資本論』 2021年1月 (NHK100分de名著) - 斎藤 幸平
NHK 100分 de 名著 カール・マルクス『資本論』 2021年1月 (NHK100分de名著) - 斎藤 幸平


テキスト読了。
この番組のテキストは
注釈が丁寧なので、
一冊読み終えると、
読みたい本が紹介された本だけじゃなく、
他にも、と多岐に渡るのがよいところ。



二月はフランツ・ファノンですよ。
まさかのファノンですよ。

ペストからのアルジェリアですよ←
posted by さんま at 08:20| 広島 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偏愛

IMG_5708.jpg

アンデルセンのくるみロール。
ホントはくるみパンのが好きだけど、
あのサイズをね、
一人で食べるのは危険なので
(確実にペロリ)
自重してロールを買う。

なんか好き。
思えばバイトしていた時も、
売れ残りの少ないパンだった気が。

軽くトーストして、
塊バターを溶かさず、
溶ける前に、
ほんのちょっと表面が緩くなる程度で、
ちぎったくるみロールに挟んで食べるのが好き。
バターの塊がないといけない(何のこだわり)


ちょっと前にアンデルセンを
「もやは実家」
と言ったら、
某ベーグル屋店主に「わかる、わかりすぎる」と言われた件。
私だけじゃなくて、
広島市内で育った人間には
アンデルセンがパン屋の基本、みたいな人少なくないと思う。

そして、
昨今のミルクフランスのサイズ減少具合に涙する。



「あ、アンデルセンある。パン買ってこ」
みたいな、
イマドキの
「行列しなきゃ買えない食パン」とか「朝一じゃないと買えないパン屋」ではなく
そこにあって
「いつでも帰っておいで」
みたいな雰囲気でしかもめっちゃクオリティ高いという、
とにかくアンデルセン愛が止まらない私です。


そして私は
食パンの天井が凹むと失敗、という時代育ちなので、
昨今の「高級食パン」ブーム渦中の凹み食パンを見るとなんか(´・ω・)←こういう顔になる。
posted by さんま at 07:15| 広島 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする