2008年06月17日

受け入れて忘れる。

法整備をせずに、


ただ廃止するのは無責任。





知識武装した偽善者達の、

馬鹿な論争が


冷静に解決策を見つければいいと、




なんだか今日のニュースみて思った。









その先を無くした人が、

どれだけの絶望で、残された人がどれだけの永遠で、

それを奪った人間が次の扉を開けられるなんていうのは、




馬鹿みたいに不自然で不公平。





世界は公平じゃないって言っても、

せめて公平を貫かなきゃならない事項もある。




その代わりになる法整備を整えてから声高く叫べばいい。
posted by さんま at 22:53| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | さんまのハラワタ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック