2008年08月19日

カルタゴ

現在では大統領官邸もある高級住宅地カルタゴ。



チュニジアに来たかった理由の一つであるカルタゴは、
世界史の教科書でおなじみハンニバルのアルプス越えなカルタゴです。


伝説ではティドン(放浪者)と呼ばれた王位を終われ旦那を殺された王女様、
エリッサが作ったとされる町でフェニキア人の町。


まあ、ポエニ戦争での敗退後、
ローマ軍によって壊滅的に滅ぼされて(塩まで撒かれたらしい)

その後ローマによって再建された港町です。


IMG_1050.JPG

まず、トフェ(タニト神の聖域)

ポエニ時代(ローマより前)の遺跡で生贄の儀式がどーとか、
ってガイドブックに書いてあったので
そらもう血肉沸き踊る勢いで行ったら
生贄説は現在否定的らしい。

IMG_1056.JPG

同じ敷地内に穴があったから入ってみた。

この穴はローマ時代の貯蔵庫。


見上げるとお日様の光が入ってきて、今日もいい天気です。

IMG_1058.JPG

↑古代カルタゴの港。

もう、古い遺跡って何のことかさっぱりぷーになるのが難点。



そして、古代カルタゴの中心だったビュルサの丘

IMG_1066.JPG


地中海が一望できる丘。

ローマ人はフェニキア人の建物を埋めて再建したので、
比較的きれいにフェニキア遺跡が残ってます。

うなぎの寝床のような一般住居跡がわんさか。

IMG_1067.JPG


↑これはサンルイ教会。
フランス保護領時代に丘に立てられたきれいな教会です。



IMG_1073.JPG

IMG_1078.JPG


これは円形闘技場↓

IMG_1086.JPG

の地下。奈落。

二人のキリスト教徒の巡礼地でもあるらしく、
そのイベントのために突貫修復しちゃってちょっと残念。



そして、カルタゴで最も有名な遺跡。
アントニヌスの共同浴場。

あれだ、スパだスパ。スーパー銭湯的なものだ。


IMG_1103.JPG

IMG_1111.JPG


遺跡になかに好き勝手入れて、
しかも登れたりするので、そらもう探検してたらこんな看板↓

IMG_1122.JPG



…。

この落ち方はないだろ。
これ絶対受け狙いの落ち方だ、若手の芸人だ。


と思いつつも遺跡に上るのやめよーと思ったら、

なりきりオッサン発見↓

IMG_1124.JPG


腕の曲げ方がまるでハンニバルだわ!

と思って盗撮してみた日本人さんま。



彼は確実に遺跡の上にのってます。



こんな場所にスパなんて贅沢、と思える地中海一望な立地。


で、この遺跡のすぐ横が大統領官邸。



だから大統領官邸方面にカメラを向けちゃいけないって決まりですが、
多分、何枚か写真とった。

テンション上がってて、そんなことまで気にしてられるか。
posted by さんま at 15:14| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008チュニジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック