2009年05月11日

No Country for Oldmen




昨晩やっと見れた(´∀`*)


昨年度アカデミー賞で、
バビエルがオスカーにキスするシーンを見て、
惚れに惚れまくったんです(´∀`*)ウフフ


んで作品概要。
アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられるのです。

まず舞台になった土地が壷。
だって乾燥地帯なの。
乾いた土地が大好きなの(´∀`*)


んで主人公が転々とするモーテル。

これも好みですわ。
埃っぽい雰囲気がなんともいえません。
無駄にでっかい看板とかイカしてます(*´Д`)


バビエルの不気味な殺人鬼ぷりにキュンキュンですが、
ウディ・ハレルソンの殺し屋ぷりにはメロメロ(*´Д`)ハカハカ 

モスが病院で目覚めた時、
スーツ姿でお花持って隣に座ってるシーンとか
もう絶叫モノでした。
そーいう立ち居地の殺し屋が好きですキュンキュンです。


ジョーンズが何ともいえない哀愁を漂わせた保安官で、
さんま的には主演男優賞でも問題ないように思います。

とにかくストーリーが好き系だった。



静かな狂気が様々な場所に隠されてて、
アメリカの狂気が飽和状態になったのはベトナムなのか、
とかそういうなんだか何ともいえない台詞たちが、

そりゃもう好みで好みで(´∀`*)ウフフ


さんまは人数にものを言わせた大迫力な戦闘シーンが大好物ですが、
こういう淡々と人が殺されていくのも大好物です。


スリラー映画とベタベタなラブストーリーの映画が好き。



それにしてもノーカントリー。

期待以上に好みだった(*´Д`)



舞台も脚本も全てが好みでしたよ。
ビデオとってよかった。
posted by さんま at 20:26| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック