2006年03月01日

メスキータにメロメロ旅行記

時間は二月の十六日。

まだちょっと時差ぼけでした。


でも、バスの中で睡眠とって、結構体調はいい感じ。
運転手ホセはステキなオジサマでした。
そしてタフなホセ。

彼はバルセロナまで運転してくれます。



マドリッドからゴルトバまでは
三百キロくらいですかね。


長いですね。


高速で移動します。

だっだぴろーい大地。
地平線が見えます。


何もないんです。


ちらほら見える建物に、
ちらほら見える崩れかけたお城に、ひつじに、地平線。



どりゃ、こんなこんな国に住んでて、
こんな風景見てたら時間にルーズで、仕事もざつになるよ。


おおらかな国だなあ。



さらに自分が小さくなった気がする国。

国民はさんまより長身だし。


さて、ゴルトバ。

メスキータはオレンジの木の庭園の奥。


そこで解散。

ウワサの花の小道は驚くほど小さい。
多分ユダヤ人街も通った。


お昼ごはんのレストラン、迷ってると地元人らしきおっさんにここが美味いと言われる。


入ってみる。
良心的バンザイ。

ただ、英語と日本語とドイツ語のメニューを持ってくるのはどうだろう。


数撃ちゃ当たるって問題じゃないだろう。


トルティーじゃでお腹いっぱいでメスキータに。


様々な宗教がごっちゃまぜになった珍しい建物。


外観からは想像できないぐらい広くて広くて広い。
本当に、

等間隔に柱が並んで、広々。


ひんやりぼんやり照明。


感動メスキータ。


ホテルはセビージャ。
立派なスペイン広場に大興奮。


ホテル自体はスタジアムのすぐ横。

夕飯はスーパーで買ったハムとリンゴとパン。



ハム最高。


そういえば、お酒あんまり飲んでないなあ。
posted by さんま at 21:19| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック