2006年03月11日

雨のローマと快晴バチカン旅行記

かなり揺れるイベリア航空に腹立てながら、
イタリア上陸。




そして雨。



しかも、バスの運転手がホテルの前は入れないから歩けと言う。




雨、ヨーロッパの石畳。




スーツケース。





早速芽生える殺意。






スペインで天気に恵まれたから、イタリアでいきなりがっかり。



でも、小雨になったのでめげずに出発。


地下鉄の駅は歩いて二十分。
バスに乗りたかったけど、バールが閉まってて、チケット買えなかった。


まあ、無賃乗車でもばれそうにないけどさ。




二日半、ローマに滞在。


その間に、道に迷いまくった。
特にホテル周辺。

一日目は悲惨でした。



市内から離れててね……。



で、記憶に残る場所。


*トレヴィの泉 :コイン投げた端から磁石で拾うおばさん印象的。



*パンテオンの前のカフェ :サービスレモンリキュールは一生の思い出です。



*バチカンに向かうバス :バス停聞いたおじいちゃんに「日本は住みやすい?」って聞かれた。



*コロッセオ :大阪のおばちゃん(推測)が上に上がる道教えてくれた。


koro.jpg


グラディエーターですよ。



*フォロロマーナ :本当に遺跡って感じだったから。




で、別格はバチカン

博物館に行くのに、朝から並ばないと入れないというバチカン。
12ユーロ。


世界中から12ユーロ


……儲けやがって!!!!




でも、並んだ分、見ごたえあり。

ってか、感覚麻痺する。

すごいのがありすぎて。



システィーナは動けないから。
もう、すごいのと人が多いので。


うるさくすると、ごつい警備のお兄さんに怒られます。




そして
「ラファエロはどこ?」


って聞いたE嬢。


「彼は死んだよ」



って言われる。



……。

……おちょくられてるよ!!!!



そして

「ラファエロルームはどこ?」


って聞くと、Rの発音が違うと矯正される。


……途中でぶち切れ。

日本語で怒ってみる。




そんな疲労困憊になるバチカン博物館を出て、サンピエトロに。





ピエタですよ。
ピエタです。



さんまの大好きなピエタです。




みとれちゃいました。





ミケランジェロ最高です。



写真集も買っちゃった。

ひたすらピエタなの。
いろんな角度でピエタなんです。


帰国後、母に取られかけた。……あぶない。




あと、2.5ユーロずつ半分こ。


kuri.jpg


焼き栗。



そういえば、スペイン広場近くのヴィトンでも切れた気が。

真実の口とか、ジェラードとか、お約束は制覇ですね。




ホテルの近くのスーパーは
ピザ手作りでしかも買うと焼いてくれるから激ウマ。


日本に欲しいシステムです。



ヨーロッパのスーパーは面白かったなあ。

日本みたいに、パックばっかりじゃなくて。




それにしてもローマのホテル。
ものすごく入り組んでて困った。ベネチア広場もきれいでした。
お勧めです。
posted by さんま at 12:26| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ?バスの中でもチケット買えるよ。

コロッセオすごいよね!ローマの遺跡でいちばん感動した〜あれはたまらん(´Д`*)))ハァハァ

ピエタはガラスケース入りだった?
うちは生ピエタ観たよ(得意げ)
イタリアいいなぁ〜また行きたい
できれば一人で←問題発言ヽ(`Д´)ノ
Posted by mashiho at 2006年03月13日 10:15
ピエタはガラス入りでしたよー。
残念。

ローマで一番がっかりは真実の口でした。


壁に「はい!! 口!!!」
って感じが……
Posted by さんま at 2006年03月13日 15:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック