2010年05月05日

やっぱりBGオンリー。



観てきた。
あの、
なんというか、
無理やり感はある。真選組に対して。



いやまあ、紅桜編。
漫画もアニメも制覇してる紅桜編。

どうやって真選組を入れるのか、
どこで神威を入れるのか、
ああ、こういう感になるよねーという感じで。
春雨はまあ、出るからいいとして、
真選組何の活躍もなく終了、という。
阿武兎が好きなので春雨はいいとして←

テレビ版よか作画に劣化があった気が。
顔が微妙にかわったりしてた気が、
でも最後の戦闘シーンはよかったですよ!!!
銀さんかっけー!!!!
ズラかっけー!!!
でもやっぱ高杉!!!!←

あと、アレ。
高杉がスクリーンでみれて、
ナイスステレオ☆で子安ボイスを堪能できたのでよしとします。

それにしてもEDが一番金かかってたよね、キャスト的に。
辰馬はそこだけなのか、
則夫もそれだけなのか、
二作目はないんだろうな。
するなら柳生編でよろしく。

何はともあれ高杉堪能です。

それにしても松陽先生は男なのか。
女だと思ってたのに。
まさかの山寺ボイスですから、男決定なんですね。
女だと思ってたのに。

ふーむ。
ストーリー知ってるからってのもあるけど、
テレビ版観た時ほどの感動はなかったなあ。
DOESの曲でよかった。
最後の戦闘シーンはよかったです。
絵がなー。
血がどばーって感じなのは満足。
posted by さんま at 21:22| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック