2010年07月26日

借り暮らし的な具合で




滑り込みで間に合ったので、
六時の映画を観た。
あ、下の記事が00の画像なのは、
うはー☆と盛り上がったから。

アリエッティな感想はこっち。



いやーアリエッティ。
可愛いよアリエッティ萌萌だよ(´∀`*)

最近のジブリ映画の中では一番!!ってくらい好み。
何がいいかって、
別にこう、
何かを伝えたいとかそういう見えない付箋を気にしないのがいい。

とにかく家は可愛い。
庭もかわいい。
アリエッティがかわいい。
そりゃもう、
オンナノコは鏡の前でくるっと一回転しなきゃなのです。
スピラーの気持ちがわかります。
さんまでも、
あんな可愛い女の子いたら、
うっかり木苺あげるZE☆

不器用な少年と、
勇敢な少女がいれば国は滅びたりしません←

声優さんを使わないのがいつでも不満なんですが、
今回はキャスト問題なし。
しかも、音楽がすっごいよかった。
あってた。
完璧。


三箇所ぐらい泣けたのは、
多分さんまだからかも。
涙もろいんだよ、すっごく。

でもあの、
別々に生きていくんだ的な、
千と千尋的な終わり方が、
そらもう切なくて切なくてたまらないけど、
今回はスピラーがいたので、
さみしくなんてありません←

神木君の声は大人になったねー。
よかったよ。
それにしても素敵ハウスだった。
なんて理想的な間取り。

DVD買いそうな具合だ。
かわいかったよ、アリエッティ。
posted by さんま at 21:50| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック