2011年05月10日

イケメンパラダイスの比じゃない。

炎立つ 壱 北の埋み火 (講談社文庫) [文庫] / 高橋 克彦 (著); 講談社 (刊)

一巻!!

さんまは、経清が幸せになればそれでいいと思う。

高橋克彦は火怨しか読んだことなかったのですが、
この人の登場人物はアレです。
主役級の男が徹底してカッチョいい。
男気溢れる。
キャラが濃い。
ジャンプ三原則な感じ。
そんな気がする。
ああもう、
ちらっと物部の名前が出てきただけで天鈴様にトキメく←


俵藤太とか、ええっと秀郷さんですね、
ちらっと名前が出てきたりするので、
平将門の乱の事前知識があると萌え濃度が上昇します。
上昇すると思います。


調べたら経清は大河だと渡辺謙だったと判明。
そりゃ萌え萌えですわ。


いちいち登場人物がカッコイイのがね、
もうどうかと思うのよ。
さてー二巻読もう。
こういう歴史モノ好きだ。
posted by さんま at 22:41| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読めヨメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック