2011年07月24日

「……皮がすきなのか」

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫) [文庫] / 三浦 しをん (著); 文藝春秋 (刊)


普段現代モノは読まないんですけどね、
なんかの雑誌で、
多分なんか好きな俳優さんか誰かが
「おもしろかったー」
とか言ってたんですよ。

となると、読みたくなるミーハー属性ですので、
んで、読んだんだけど、
すいすいですねえ。
定価で買った本(通常文庫)が一時間ちょいで読めちゃうと
なんだか損した気分ですが、
映画のキャストビジュアルで想像すると、
なんとも楽しい気分でした。
行天萌。

posted by さんま at 16:52| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読めヨメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック