2012年05月06日

塵霧の果てに、楽土を見る。

買ったまま放置してたのは極秘(・ω・*)
沙門空海唐の国にて鬼と宴す〈巻ノ2〉 (徳間文庫) [文庫] / 夢枕 獏 (著); 徳間書店 (刊)

スーパー土木集団空海さんが主役←のこのシリーズ。
節約中だから、古書屋で見つけたら買い込むので、
早めに三巻に出会いたいとことろ。
楊貴妃伝説、
そういえば、昔湯谷に行って、
「ふるさと振興金」だったか何かで建てられた楊貴妃のでっかい像を見て、
税金の使い方について考えたものですが、
そういうモノにお金つかっちゃうのが
日本のよいところで悪いところかも。
閑話休題。

空海すごいけど、
もっとなんか、好き放題にキャラと基本能力の高いヒトが登場しまくります。
橘逸勢がフツーで逆に目立つ感じだ。
馬鹿正直でスキだ、こいつ。
まあ、逸勢ったぁ日本が誇る怨霊文化に列するヒトではありますが(´・ω・`)

唐代の長安は、もう超絶国際都市っぷりが眩しくて、
お話の舞台にするには格好の都市ですね。
東京なんて目じゃないZE☆
やはり、夢枕獏。このヒトのお話スキーですわん(・ω・*)


ちなみに、連休中読んでた本〆(・ω・。)
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) [文庫] / 伊藤 計劃 (著); 早川書房 (刊)ハーモニー (ハヤカワ文庫JA) [文庫] / 伊藤 計劃 (著); 早川書房 (刊)武装解除  -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書) [新書] / 伊勢崎 賢治 (著); 講談社 (刊)巴里の空の下オムレツのにおいは流れる [単行本] / 石井 好子 (著); 暮しの手帖社 (刊)

とりとめもなく読み直してみた。
とっておいてる本はスキな本だわ(・ω・*)



あ、平清盛が保元の乱入りするから、
雨月物語の白峰読み直さなくては!!!(`・ω・´)
posted by さんま at 16:30| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読めヨメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック