2012年08月25日

情が深いが、去り際のきれいな女

舟を編む [単行本] / 三浦 しをん (著); 光文社 (刊)


本屋大賞は読みやすい、という定説に反って、
一時間ぐらいでぐわあっと読めます。

個人的に、
西岡が好き(・ω・*)


悪いヒトいなーい、
邪魔するひといなーい、
それぞれがコツコツがんばりまっせ、なかんじ。

思えば三浦しをん、二冊目です。
まほろ駅前とか、どっかにあるはず。

読みやすいですわあ。
ただ、ほかの大賞と違って、
映像化するには花がないかもね。
posted by さんま at 09:08| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読めヨメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック