2012年12月30日

「さあ、存分に賞賛しろ」

バッカーノ!  1935-B Dr. Feelgreed (電撃文庫) [文庫] / 成田良悟 (著); エナミカツミ (イラスト); アスキー・メディアワークス (刊)

大好きなバッカーノ!シリーズの最新(・ω・*)
ラノベでも、これはものすごーく好き。
今回は葡萄酒大活躍でラブーな展開(*´Д`)ハカハカ
ですけれどもよ、
ですけれどもよ(二回目)

終わんないのかよ(ಠωಠ)

てっきり、Bだから、
これで終わるんだと思ってたわよ1935年(ಠωಠ)
そうですか、Cもありますか。
そして、次回短編(番外)挟んでって、ちょっと前でろ成田、前だっ!!(ಠωಠ)


途中まで読んで、
「あれ?? おわんないね??(´・ω・`)」
と思ったけどね(ಠωಠ)

最終的に葡萄酒が最強でいい感じ。
もうね、両親にご挨拶しちゃう感じがね、
キュンキュンなんですわ。

どうやってオチにするんのか気になるまま年越し(´Д`)
posted by さんま at 15:57| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読めヨメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック