2015年05月04日

味覚日乗

味覚日乗 (ちくま文庫) -
味覚日乗 (ちくま文庫) -


読了。
文章上品。
食べるものも、ジャンクってない。

味覚が狂えば、人としてもおかしくなる。
食事を丁寧にすることが、
丁寧に生きること。


人間は、
食べたもので出来ている。
だから、
丁寧に食べれば、丁寧な人になる。



難しいことじゃなくって、
季節のものをいただいて、
自然のものを頂く。

そういうのが、豊かさ、って言うんじゃないかな。
でもそれって、当たり前のことだったはず。

食品添加物やら、何やら、
長持ちさせるために、
なにやら大切なものを無くしたような、
美味しい文章の中に、
そんなことをふと思った一冊。
posted by さんま at 20:05| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読めヨメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック