2016年06月10日

世界屠畜紀行

世界屠畜紀行 -
世界屠畜紀行 -

私はお肉を食べます。
食ヒエラルキーは
肉<魚<野菜 ですが、
お肉も食べます。

一番好きなのは、猪。
次が鹿、その後に豚とかウサギが続くの。

生き物を食べるために殺すことを、
「殺す」という単語だけピックアップして、
「かわいそう」という思想が、
貧弱な発想を持ってした、教養のないものの見方だと、
遠慮なく言えば、思ってます。



食べるために殺すこと。
食べることで生きることにつながるのなら、
生物として「カワイソウ」ではない。
殺す、で思考回路を止めると、
なんの発展もないだけで、
その先に食べて、生きるがあるのなら、
動物として必要な行為だ。

肉食をしないひとを批判する気は毛頭なくって、
つまり、それは人それぞれであって、
ただ、
肉を食うから残酷とか、野蛮とか、カワイソウとか、
屠畜にかかわる人間を差別する思考回路が、
軽薄で偽善的だと、
なんだかもやもやしている私が、
古本屋で見つけた一冊なわけで、


にしても、
目線が、
「屠畜って、こんなに興味深いものだZE!!」
というスタンスなので、
読み物として、紀行文として、
思想云々のまえに、
面白くって、新鮮。
国によっていろいろだわん、とか
ふむふむ、と新たな知識でずうっと新鮮だった一冊。

こういう本を見つけると、うれしい。

posted by さんま at 13:31| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読めヨメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック