2020年10月27日

人はそれを悪趣味という。

谷崎潤一郎スペシャル 2020年10月 (NHK100分de名著) - 島田 雅彦
谷崎潤一郎スペシャル 2020年10月 (NHK100分de名著) - 島田 雅彦


谷崎潤一郎作品は
読めば読むほど
「あーはいはい、もう勝手にしててよ」
という印象なんだけれども、
もう、
ひたすらに言葉の美しさと
まざまざと情景が浮かぶ描写ではなくて、
なんとなく
じっとりしっとり、
感覚に訴えかけてくるような
言葉の羅列に
ついつい読んでしまう感。




そして、
この番組がお気に入りで、
毎週録画してるんですが、
人の本棚を眺めるという悪趣味がある私は
ここでもちらほら背後を見る。

「風を継ぐもの」
があったのが、
演劇部育ちにはちょっとツボ。

キャラメルボックスの新選組モノは非常に清々しくてよい。
posted by さんま at 08:10| 広島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]