2021年03月01日

とりあえず、この酒は手元に置いときたい。

辨天娘 純米酒 五百万石 1800ml
辨天娘 純米酒 五百万石 1800ml

最近よく出会う。
そしてお気に入りになっている弁天娘。
燗酒最高。


娘が付く酒って甘口かな、とか
謎の偏見がありましたが、
そういうことではない、と
数をこなすほど頷くばかり。


色眼鏡は知らないうちにかけているものだ。
思い込みとか
バイアス。



悪気があるのも、ないのも、
思い込みというのは結構ある。
人に対しても、
人は結果を見た目やら自分が知りえた情報だけでカテゴライズしそうになる。
そうじゃないよなあ、と
何度も自分を戒める。

自分が誤解されていることが多いからなのか、
なんか思うこと多い。


溌剌とした人間でも、
明るい人間でも、
優しい人間でも、
文学部卒業でもないですよ。

なにをどうしてそう思わせてしまっているのか、
そう思わせたいのか、
分かり合えることはないし
理解しあえることもないのではないのか、と
電気信号のようにポーンと思っては、
断定するのもどうかな、
と、考え続けたり忘れたりする。
posted by さんま at 16:10| 広島 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする