2007年08月16日

異国の市場

ヴァレンス水道橋も見れたイスタンブール。


最終日はグランドバザールへ。


IMG_0819.JPG



そう、日本人には悪名高いグランドバザール。

その理由はアラブ式の値段交渉。





最初に入ったお店でチェスが目に留まったので、
これはおいくら?って言うと、

「三万円」

と言われる。


「アディオス(*´ω`*)」


東洋の微笑みで帰ろうと思うと、
さすが商人、日本人には食らいつく。


「幾らなら買う?」
「学生?」
「貧乏??」


ええ、学生で貧乏なのよ(*´ω`*)


最終的には一万まで下がったカワイイチェス。

買わなかったけどね。




さんまは本が欲しいのだ。




IMG_0824.JPG



グランドバザールからちょっと抜け出した横に、
古書店街がある。

やっと本屋だ、とぱらぱら物色してると、


本屋でもアラブ式商法。




「ディスカウントできるよー」




本屋でもなのかΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)



ちっちゃいコーランと
トルコ料理の本と
スペ語とトルコ語の辞書を購入。


「スペ語の辞書はー??」

ってお店の人に聞くと、

ものすごく下のほうから出してきた。




……売れないのか(゚Д゚)



とにかく広いグランドバザール。

油断したらすぐ道に迷う。ひたすら最初の道を確認しながら進んだ。
異国の市場で迷うのもまた一興だけどね〜。




そのままグランドバザールを海の方向へ向かうと

エジプシャンバザール


IMG_0834.JPG



主に香辛料を売ってる小さなバザール。

こっちのが庶民的かも。



もちろん日本語の客引きはありまして、


「カワイイねー」

「キレイねー」

とかもう、トルコにきてから誉められてばっかり(*´ω`*)



もっと言って言って(*´ω`*)




ジオンのお土産も買えて、大満足なバザール訪問。

ホテルまで戻るタクシーで最後にイスタンブールを見て、




ああ、今日帰るのかー。

と旅行の最終日には必ず陥る夢の終わり。




今まで行ったどんな街より、
遠くから眺めたイスタンブールは


幻想的でキレイだった。
posted by さんま at 13:09| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック