2017年01月04日

Rogue One: A Star Wars Story




2017映画はじめ。
「スターウォーズは映画館で見ないといけない呪い」
にかかってますから、
正月休み最終日は映画館。

賛否両論ありますが、
スタートレック的、
細身悪役顔おっさん萌えの方、
戦う女子スキーの方、
お待たせしました。


続きを読む
posted by さんま at 18:31| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

レヴェナント



連休初日は映画。
幸い金曜日レディースデイ。

売店でワインを買い、
アカデミー賞を取ったマタギ映画を見ると決めていました。

続きを読む
posted by さんま at 17:30| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

シェフ 三ツ星フードトラック始めました



気になってた映画。
さらに、気になっていた映画館での公開、ということで
仕事終わりの金曜日レディースデイ。
行ってきましたよ「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」


ストーリーは
なんやかんやでレストランを首になったシェフが、
フードトラックを始めるという話(ざっくばらんすぎ)
意外とキャストが豪華だなあ、と思いつつ、
とりあえず、おなかがすきそうな映画だなあ、と。

これは空腹で行ったら死んでしまうと思い、
作中にサンドウィッチが登場することは事前情報としてゲットしていたので
定時ダッシュでサンドウィッチを買おうと思ったら、
夕方だからどこも売り切れ。
河内ベーカリーの野菜サンドはないし、
ジョアンもない、メロンパンもない、アンデルセンもない、
ということで、
とりあえず、サラダを買って、映画館の売店へ。

売店で映画とコラボったキューバサンドの販売があったのですが、
あいにく売り切れorz
定番商品のサンドウィッチから、ハムチーズをチョイスして
ホットサンドにしてもらって、とりあえず、空腹を満たしておきました。

で、映画ですが、
久々に、
久々に当たりの大好きな映画!!!
インターステラーやら、ジョニーの髭映画やら、
最近映画頻度高かったけど、
こんな素敵な好き系映画は久々!!!!
もうねえ、
美味しそうだし、見終わった後の幸せ感ったらない!!!

決して、
ワイン片手に映画見てたからご機嫌ってわけじゃないのよ。

シェフの作るキューバサンドがおいしそうで、おいしそうで。
鉄板の上で焼くパン、
色の違う数種類のチーズがとろけていく様子。
バターをさらに縫って、グリルでつぶしながら焼く。
スライスされたピクルスさえ、
ああもう、生唾ものです。
空腹で見ちゃダメ。
死んでしまいます。
ニューオリンズのベニエの、
まっしろな粉砂糖の蠱惑的なこと。
テキサスステーキの、
まっくろな外側から、ナイフを入れたときに出てくる
ジューシーな赤身。
とにかく、飯テロ!!! 飯テロ映画!!!!

映画館内に持ち込んだのはワインとミックスナッツで、
サンドウィッチ食べてたのにもかかわらず、
ナッツを貪り食いました。
暗闇のミックスナッツ、ピスタチオにはご用心。

千切りのじゃがいもを鉄板の上でカリッとやいて、
同じくカリッと焼いたベーコンと目玉焼きのプレート。
ポテトフライに、ビール。

「これはビールじゃない、セルベサだ」
というセリフがお気に入り。
「これはワインじゃない、ビノです」
と、ほろ酔い映画鑑賞ってました。



久々に、とにもかくにもおすすめ映画。
是非是非、な一作です。

サントラもほしいなあと、
キューバ音楽全開でよかった。
輸入盤しかないみたいだから、タワレコへ急げ!!!
posted by さんま at 09:41| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

インターステラー



そういえば、観に行ったのよ(*・ω・)ノ
アタシの大好きな「ダークナイト」と同じ監督。

スペースシャトルのエンジンとか、
あと、ドッキングとか、
そういうときに音がなくなるってところが、
個人的には萌ポイントだった。

posted by さんま at 21:08| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

武士の献立




能登に行きたい(´・ω・`)
再訪したい(´・ω・`)

こんなべっぴんな嫁で、料理上手で、
何が古狸よ。

上戸彩かわいい。
もっそいかわいい。

posted by さんま at 20:52| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

ぶどうのなみだ

映画でも見に行こう。
三連休、
日曜日ぐらい、
映画館に行こう。

FullSizeRender.jpgFullSizeRender.jpg

そんなわけで、シネツイン(・ω・*)
サロンシネマが新しくなったから、
そっちで公開してほしかったなー、とか思いつつ。

シネツインといえば、
高校時代、
テスト期間が終わった最終日、
その日最終日の映画を観にダッシュで滑り込み、
飲み物も何も買えずに初めて行ったシネツインで見た映画は、
翌週には広島でレンタル開始だったという、
「地雷を踏んだらサヨウナラ」だった(´・ω・`)


そんな思い出のあるシネツイン。
朝一でしたが、結構な人でした。
イエスタデイでホットオレンジ飲みながら時間つぶしたり、
休日満喫(・ω・*)



三島映画二本目。
「しあわせのパン」は
休日の午前中にぼおっとテレビで流して、
作業とかするのに適した映画。

これも映画館に見に行って、
えらいお腹がすいた思い出があったので、
今日は満を持して、
冷凍してたチェルシーベーグルで腹持ちいい感じ(`・ω・´)



案の定、
とーにーかーくー、
ご飯がおいしそうな映画だったので、
両サイドから腹の音聞こえてきたよ!!!!
みんな!!!
朝ごはんはしっかり食べようね!!!(`・ω・´)
それが、
三島映画に臨む唯一の武装よ!!!!


好き嫌いはあると思いますが、
荻上直子監督作品が見える人間は、
三島作品もさらっと見れるよなーって思う。

ブレがないですよ、
エンターテイメントというより、
目に優しい映画です。

個人的にはラストシーンで、
「蓋!!! 洋ちゃん蓋!!!!(ಠωಠ)」
と思ったことが憤りって感じ。

衣装かわいいし、
映像キレイだし、
美味しそうだし、
うん、
思ってた、期待していた具合の映画でした。

アタシは子猫の割に、
ドラマの洋ちゃんはほぼ無視なのですが、
映画の洋ちゃんはスキ。

グッモーエビアンとか、探偵とか、
今回の洋ちゃんは影ってて、
某舞台のアレっぽくて、
なんか良かった。

てか、
ご飯がおいしそうだった。


見た後は、
予告編から、
絶対絶対ワインが飲みたくなると思ってたので、
赤ワインが飲めるランチ( ´ ▽ ` )ノ

最近お気に入りのtotide.
ミラノ風サンド「ピアディーナ」は
六種類ぐらいから選べて、
本日は
「すっぱいけどおいしいです」という
サーモンマリネをチョイス(・ω・*)
ドリンクもスパークリング・白・赤・アイスコーヒー・オレンジから選べて、
それでも600円程度だから、ありがたい。
ちゃんとサラダと前菜(フリッタータ)つくし(・ω・*)
ホント、お気に入りなの。
リーズナブルだし、
お酒飲めるし、
量、丁度いいし。


しかしながら、
パスタランチ(数量限定)を平らげたはずのお連れ様リクエストで
マルゲリータ追加。
これだって、+300円で、
しかも薄焼きのシンプルなのが来るので、
ペロリ。

ワイン飲んで、お腹一杯になっても、千円行かない。
毎度御贔屓にします、ええ。



のち、
セール中御座候で赤を半分こ。



美味しい食事は幸せをつくります。
満腹だと、人間戦しないらしいよ(・ω・*)

とにかく、
空腹で行くな。
ランチの店を決めていけ。
絶対ワインが飲める店見つけとけ。
アタシの助言はそれだ。
posted by さんま at 16:28| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

思い出のマーニ




月曜日は、
映画が1100円(*・ω・)ノ
ということで、
マーニってきた。


とりあえず、
映画の声優には
「北海道特別枠」というジャンルがあることが判明した。

そして、
米林、
オマエ、
あんななで肩おっさん(失礼)なくせに、
心に12歳女子飼ってんな(ಠωಠ)



ネタバレしない感想ですか。
そうですか。

安田はいい仕事をしている(・ω・*)


ネタバレするよ(*・ω・)ノ
posted by さんま at 20:59| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

ノケモノノケモノ

写真.JPG

初☆コバケン

この世界観大好物(≧∇≦)

舞台装置も、セリフ回しも、
唯一無二!!
これは、
おっかける脚本家増えた(・ω・*)

白昼夢がそこにあった。



それにしても、
最近芝居、琢磨率高いなー。
小魚だわ、あたし。


トゥルーウエスト、オレンジ、
音尾琢磨ったら、いい役者だわ。
そして、
出会ったころから年をとってないと疑われる小林賢太郎(´・ω・`)
オンエアバトルなラーメンズ懐かしい。

脚本集を読み直そうと思うのよね(*・ω・)ノ

小林賢太郎戯曲集 home FLAT news
posted by さんま at 20:41| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

のぼうの城




見損なっていた、
観るタイミングを逃していた、
そんな映画の代名詞(*・ω・)ノ

満を持しての「のぼうの城」

原作、大好き。
191Pが好き。
丹波が好き。



映画にしたらどうなるのか。
いやもう、
映画になってもよかったです!!!


いろいろよかったけど、
雰囲気がよかったですよ映画の。



そして、
個人的にブリリアントなキャスティング(・ω・*)

黒い魔人丹波→佐藤浩市(*´Д`)ハカハカ
何だか好きだよしぶーこと、大谷吉継→ヨシヒコ山田孝之
イケスカねえよ、関ヶ原まで長束正家→平岳大(*°∀°)=3
雑賀の鉄砲撃ち→中村靖日
のぼう→野村萬斎(`・ω・´)

そして、意外や意外、上池祐輔っていい役者ね(*°∀°)=3
すっごい、治部ってた!!
もっそい治部ってた!!!!
理想形の治部だった!!!!!

いやあ、いい映画でした。
うんうん!!

キャスティングにとにかく萌えた(*°∀°)=3
posted by さんま at 21:47| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

テルマエロマエ2



実は1も映画館(・ω・*)
今回はキャスト表みて、

「琴欧洲(*°∀°)=3」

と、滾ったので高校時代の友人にメールってみた。

萌え萌えポイントは
・琴欧洲
・舛の山
・北村一輝いい男(*°∀°)=3
・上戸彩のブレナイクオリティ(*´Д`)ハカハカ

ってところでしょうか。

1よかテンポよくってよいですよ!!
posted by さんま at 21:36| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

12 Years a Slave

映画が11:50からだったから、
お腹すくとこまるなーと、
デパ地下でサラダを買い、
上の催事場で梅が枝餅買うつもりですが、
ちょっとアンデルセンでパンでも物色と思ったら、
Kさん(元同僚)と再会。

Kさん(映画大好き)に
「もしかして、これから映画?」
「そうよー」
「もしかして、11:50からの?」
「そうよー」
「同じ映画見るっす」
「まじで!!??」

というディスティニーな本日映画鑑賞。
「それでも夜は明ける」でござーます(・ω・*)




アタシは天邪鬼なので
賞とったり話題になったりすると
「じゃ、見ない(ಠωಠ)」
ってことになるのですが、
これはすっごく見たくて、
観たくて観たくて、
でも家では見ないだろうなあ、と
せっかく金曜日レディースデイということで、
きばって映画館に行ったら、ディスティニー(・ω・*)

アカデミー賞受賞作。

「起きたら奴隷」な話。
斉藤工曰く
「最初から最後までつらい」映画。

って言われると気になって気になって!!!




追記はネタバレするよ(*・ω・)ノこれから見る人は見ないでね(ネタバレあり)
posted by さんま at 20:38| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

かぐや姫の物語




宮崎駿はルーカス、スピルバーグのポジション。
対して、高畑勲はコッポラ、
というのが、さんまの解釈。


巨匠って感じ。


巨匠って感じの映画でした。

モブキャラが、主人公の動きに準じてないというか、
動きが独立していて、
ものすごーーーくイキイキしている。
オトナの動きと子供の動きがちがう、

畢竟、
捨丸萌え(*´Д`)ハカハカ


ってところで。

映画館で見るに適してる映画と思います。


それにしても八丁座。
うっかり「よもぎパンの餡バター挟み」なんて買っちゃった(ಠωಠ)
どう考えても高カロリー(ಠωಠ)

やーめーてーよ。


posted by さんま at 21:52| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

天地明察





原作は大好きな大好きな天地明察!!
爺萌えを体現したすばらしい時代小説。

冲方丁の時代小説は、やさしいよね!!
でも、どしてSFはエグイんだろうね。


の、映画。
スキな役者さんがいっぱい!!(・∀・)
物語も映画用にこざっぱりしながらも、
爺萌えできるポイントはちゃんと押さえてありますが、
ラストあたりが、今様になっとります。

原作の最後の「明察でございます」の下りが結構スキだったので、
そこだけ残念。
ああでも、
爺萌えはちゃんとできます。

天地明察

原作号泣(´;ω;`)
posted by さんま at 23:38| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

風立ちぬ




伯爵萌(*°∀°)=3


さてさて、
絶対見ると決めて、定価で観に行くジブリ映画。
てか、レディースデイの劇場時間に間に合わなかった(´Д`)


大人向け、と言われる映画ですが、
まあ、何をもってして大人なのか。
何をもってして子供なのか、
とりあえず、さんまは大人なので、
子供とひとくくりにされる一帯がこの映画にどういう感想を持つのか不明です。
でも、
アタシはこの映画、とってもいい映画だと思う(・ω・*)

戦争だ、なんだと、
そういうことはもってきちゃいけない。
物語になった時点で、
物事は夢であり妄想である。
実際の人物を、と言っても、
その人物の本当は本人しかしらないのだから、
第三者目、ということで、それは物語で妄想。

アタシは、とってもいい映画だと思う。
こういう映画が見たかったの。


ふと思ったのが、
一人で生きていけないのに、一人で生きてる気がするのが子供で、
一人で生きていけるのに、だれかを求めるのが大人なのでは、
と、
映画見ながら思ったのね。




アレだ。
とりあえず、サバの味噌煮が食べたくなる。
そして、
ドイツ語フェチで、ユンカース萌えな女子、
そして、素敵オジサマスキーには、
妙なアンテナ反応が見られるかも。


いい映画だった。
しっかりした物語がそこにあって、



白タイツと伯爵萌え。

ネタバレになるから、それ以上は言わないけど、
いい映画でした(・ω・*)
posted by さんま at 22:21| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

趣味の部屋




大注目古沢良太の、
そして、大好きな中井貴一の、
なんてったって、シゲの、
舞台「趣味の部屋」


これは、
生で見たかった(´Д`)


良い台本とよばれる要素てんこもりーだったもの。
中井貴一、さすがの貫録です(`・ω・´)
posted by さんま at 22:54| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

らくごえいが




福山まで見に行ってきた(`・ω・´)
プロデューサー挨拶とか聞いてきた。

映画としてはまとまってていい感じ。
ただ、前後のインタビューいらねえ。
なんか、
見た映画の話をしようと居酒屋にいったら、
たまたま隣のおっさんが、同じ映画みてて、
自分とはまったく違う感想を延々と聞かされたようなうざったさがある(´・ω・`)

ああでも、
映画はいい感じ。
死神、
ぶつかり合う濃い役者(山田VS安田)みたいな。


アタクシ、最近音尾押し(*・ω・)ノ
posted by さんま at 22:01| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

探偵はBARにいる2



映画館がえっらい混みっぷりで、
「探偵人気すげえ(*°∀°)=3」
って思ってたら、
探偵の上映時間五分後に「超新星」のライブがあったらしくて、
しかも、何やら特典とかあったらしくて、
売店に珈琲買いにいったら
「超新星のライブでよろしかったですか??」
とか間違った日本語で問いかけられて、
「北の綺羅星見に来ましたが何か??(ಠωಠ)」
と思った金曜日。



続きはネタバレするよ(*・ω・)ノ続きを読む
posted by さんま at 22:01| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

へルタースケルター




そういえば、見たのよ。
「ヘルタースケルター」



……ごちゃまぜの、
なんていうか、
すっごい感想を一言にできるけど、
その、端的に言えば、
好き系じゃなかった(´・ω・`)



ただひとつ、言えること。
沢尻エリカは、爆裂かわいい(*°∀°)=3
posted by さんま at 22:27| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

MASH



さんまの中でMASHと言えばTVシリーズなのですけれども。
初めて映画みました。
確か、映画のが先。

TV版はホークアイがアラン・アルダで、
高校生のころにはまってみてまして、
シニカルでブラックなお話に夢中だったものです。
最高視聴率をアメリカでたたきだした、という
朝鮮戦争時下の陸軍移動病院が舞台の話なのですが、
映画もそういった具合で、

「あ、あの人ゴッドファーザーの弁護士ってか義兄!!」
な人が出てたり、
「バウアーっ!!!」
のパパが出てたり。

思ったほど、嫌いな映画じゃなかった。
むしろ、
こーいうだりい雰囲気のひっでえブラックな映画、嫌いじゃないわ。

ひっでえ感じです。
posted by さんま at 21:43| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

こどもの一生



BSでやっていたのを録画してもらった。
戸次重幸は舞台役者だ、と。
そして、大好きな山内圭哉に髪の毛があって、
「坊主じゃない山内なんて、大仏のいない東大寺と一緒だorz」
と嘆いてたら、生で見に行ったママさんに憐憫の目で見られた(´・ω・`)

中島らも作×G2演出[こどもの一生]チケット

うん、
非常に無駄のない、面白い舞台です!!!
パルコ劇場って感じの芝居(・ω・*)
というのは、
明治座とかで、着物来て見に行くような芝居ではなくって、
カジュアルで、ぜひ普段芝居を見ない人にも見てもらいたい。
という、
ぐいぐいな感じ。
谷原章介って舞台でもあんなに光るのねー(・ω・*)
面白かったよー!!
シゲよかったよ!!
テレビより舞台が好きだ!!

こどもの一生 (集英社文庫) [文庫] / 中島 らも (著); 集英社 (刊)

posted by さんま at 21:06| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする