2011年08月20日

ANGEL HEART



エルドンお勧めangel heart
「サントラがねーすばらしいよお」
とのこと
「あ、でも、ブラッディ。さんま、そういうの大丈夫??」
「あー、エグいのは問題ない。お化けじゃなきゃ問題ない」
「なら大丈夫」


そんなわけでこの映画。
古い映画ですねえ1987
さんまなんて四歳ですよ。
アメリカの風景が、若干ショックではありますが。
トラムとか人種によって座席分かれてるし。
教科書でそりゃ習ったけどさ、ロサ・パークス事件だわ。
と、ストーリーとは関係のないところでふむ、と思ったんですが、

そうですねえ、
ストーリーですねえ。
嫌いじゃないけど、なんとも判断がね。
最初のね、冒頭のあの台詞で、
なんとなーく、オチがよめてくるんですよ。
あ、でも、映像美。
リズム感があって、とても秀逸。
音楽とマッチしてて、いいかんじですよ。
デニーロカッコイイのですが、
そうですねえ、
当時はエグいってば!! 血流れすぎだってば!!
って話題になって、
原作に至っては悪魔のバイブル扱いで廃盤運動まであったらしいのですが、
そーんなに、エグくないよ、コレ。
汚なエグくないからかな。
騒ぐほどの血でもない。

まあ、当時はどうだって話ですけど。
二十年も前の話だし。

ああ、でも
リサ・ボネット爆裂かわいい。
可愛かったよ、すっげ可愛かったよ。
うん、うん、あれはかわいい。


そうですねえ、
まあ、途中だらけなかったからいいのかも。
posted by さんま at 12:35| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

「キヅキマシタカ?」

さんまはとっても涙もろいです。
「え? オマエここで泣く???」
ってポイントで号泣することで有名。


とりあえず、
開始五分で涙が止まらなかったんですケド!!!

TEAM NACS/HONOR 守り続けた痛みと共に(DVD) ◆20%OFF!

五作さああああんっ・゜・(つД`)・゜・


さんま、ダメなのよ。
こういう郷愁的なのとか、
おじーちゃんとか子供とか、
ああもう、いろいろ過去がからんできちゃうお芝居ダメなの。
もう、すっげ泣いちゃうの。
ハンカチじゃ無理だからタオルでした、観劇の友に是非!!

加えてね、
もう安田さんがね、
もっそい表情がいいの。
悲しいし、やさしいし、
もうダメだ。
二時間ひたすら涙でしてね、前に進めませんよ。
「オマエ、それ演劇見る精神状態じゃなくね??」
みたいな感じでした。
ちょっとカワイソウな大人でしたよ、ゼッタイ。

あんまり言うとネタバレーなので、
まあ、悔しいのはこれはさんま所有じゃないんですよねえ。
休みの間に見まくろう。


演劇として、
モリーダーの脚本は幅広いなあ、という感じ。
舞台設定が幅広い。
ルーザー・コンポザ、とはまた全然ちがうHONOR。
この幅の広さでも、伝えたいことはブレない物語、
テンポは十二分にすばらしく、
見てる人間をだらけさせない。
そういうのって、スゴイ。
ダリって部分がないんだよねえ。
五人キャストって魅力もあるとおもうんだ。
それにしても、太鼓って迫力のあること。
うーん。
舞台に華があるなあ。

兎に角思うのは、
衣装の使い方が上手ーって思うのよねえ。
舞台装置だってシンプルなんだけど、
リアルセットなのはミハルぐらい、という話ですし、
それでも情景がぐわってくるのが素敵演劇のなせる業です。

うんうん。
とりあえず、涙腺崩壊。
ヤスケンはすごいなあ。
ここのところ、いろんな意味で印象に残る俳優さんです。
返す返すもチケットとれなかったのが残念。
涙腺崩壊したわー。


って、大体副音声見ると腹筋崩壊なんだけど、
この芝居に関しては、
副音声でも1H35あたりから泣けるから不思議ー。
台無し副音声で泣いてたからねえ。

ちなみに、コレを見る前にLOOSERの副音声を見てて、
それは腹筋崩壊でした、ハイ。
ルーザーは、安田さんが黒くてムキってしてて、
オナーはシゲがムキって白い。
谷間が、谷間が(*´Д`)ハァハァ←
ルーザーは大爆笑だったんですけどね。

ルーザーもオナーも、副音声は五人なので、
もう収集つかねえかんじ。
コンポザは二組に分かれてるもんねえ。



あー、
それにしても涙腺崩壊。
うんうん。
素敵お芝居でした。
posted by さんま at 22:17| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

「新撰組筆頭局長っ!!!!」

コンポザを観て、
非常に感動しまして、

で、悩むのは、
「次にどれ買うかなあ」
ってことでした。
そしたら、姉(小虎+国民)が
「HONORはアタシが買うからダメっ!!!」
ということを言うので、
それなら、これかな↓

LOOSER 失い続けてしまうアルバム [DVD] / TEAM-NACS, 森崎博之, 安田顕, 佐藤重幸, 大泉洋 (出演)

というチョイス。
初の東京進出、というのと、
芹沢鴨=安田顕、ということ。


オタク女子は新撰組を通る。
その後戦国に堕ちるか否かはおいといて、
とりあえず、オタク女子のたしなみ新撰組。
もちろん、さんまも中学生の頃に通過しております。

当時の花形は土方と沖田。
さんまは土方スキー、でしたが、
文献を読むほど、ある人物がすきになる。
そう、芹沢鴨です。
悪人、粗暴者として有名な彼ですが、
何と言いますか、花がある。
読んだ歌だって、一番上手。
土方なんて比べ物にならない雅さがある。
そんな芹沢が安田顕なのです。


買うでしょ。
観るでしょ。
今日ね、届いたの。
ホントはね、盆休みに見る気だったの。
そしたらね、ママさん(小残念)が
「みればいいじゃない、さんまちゃん」
ということになりまして、
本編見ました。

ちなみにさんまは国民で小猫です。



荒削りです。
コンポザと比べると、荒削り。
やっぱりアレは完全に全国に向けた、
ぼがんとした作品だと思う。
六カメなので、DVDで見てても演出良いしねー。

でも、何だろう。
まったくね、違う魅力がある。
「あー、NACSって、こういうのなんだ」
と新鮮です。
以前のモリーダー作品観てないけど、
このLOOSERはね、舞台で見るための演劇って感じです。
というか、アレですね。
衣装の使い方とかがスキー。
舞台の作りがスキー。
五人がいろんな役をするのがクスっと笑えて、
さらにそれでも瞬時に飲み込まれちゃいます。
総じてテンポはすごくいい。
なんだろう、待たせない。
観客を待たせてない。
テンポはすごくいいから、
中だるみはしないのですよ。
それってすごい。
それってつまり、「無駄な台詞がない」ってことでしょ。
全部の面白い台詞だって、
全部からまって面白要素で、物語。
ご贔屓しますよ、これからも。

安田と大泉は花がある。
ほかのメンツにないってわけじゃないけど、
安田さんはねー、すっごい。
存在感が違う。
赤褌が日本一似合う男として認定(*゚∀゚)=3
オマエが芹沢でヨカッタ(*´Д`)ハカハカ
さんまの大好きな芹沢像でした。


それにしてもアレだわ、モリーダー。
おっきな引き出し一つといいますが、
その引き出しもっそいでっかいよね、と思った。


「そうきた? そうきたの??!!」
という感じです。
うん。
五人五色で芸達者。
奔放に根が伸びているようで、実はちゃあんと
一本太い木が生えてるよおって感じ。
すごいなあ、モリーダー。


私信:まだキャンプと副音声見てません。
   うちにきてこっそり観ないように(厳重注意)
posted by さんま at 23:40| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

ひかる海にかすむ船は




コクリコ坂を見てきた。

これスキーですよ。
今まで無い感じのジブリ映画だけど、
こう、
すっごいスキ。

なんて気持ちのイイ奴らなんだー!!!

って感じ。続きを読む(ネタバレするよ)
posted by さんま at 13:41| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

「もっと喝采を!!!」

サッカーに熱狂して一眠りして、
起きてから購入したDVD見たんだけど、
何この完璧なエンターテイメント!!!

すごい。
予想してたよりかなり素晴らしい舞台!!
やばい。
これ、生で見たい。
どんなに金つぎ込んでも生で見たい。
いや、限度はあるけど、
とりあえず出てるDVD全部そろえるか、ってぐらい、
すごいインパクト。


評判どおり。
完璧。
見ててぐいぐい引き込まれる。
シリアスとギャグの絶妙なバランスっていうか、
すっごい美味しいカスタードとクリームが混ざってるシュークリームな、
そんなのを食べてる感じ。
さくしゅわふわーって感じ。

ストーリーもね、
こう、全部、
すごい。
すごかった。
予想外に脚本がすごい。
ナンだろう。
荒削りって前にサンシャイン劇場の支配人が言ってた。
でも、すごい洗練されてる。
繊細じゃないけど、洗練されてる感じ。
ものすごーく好みのお芝居!!
台詞回し完璧。
上から下まで、
凝縮された、とても素敵な舞台。

生で見たい。
見たいよ。
こんなに、ゼッタイ生だって思った舞台はない。
バラエティーであんなに馬鹿なくせにー!!!


TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ [DVD] / TEAM-NACS (出演)



ちなみにDISC2の広島メイキングに、
大学時代の同級生が映ってた。
ばっちり驚いた。
ちょっと前同窓会で会ったぜ。
ちきしょう、あいつ生で見たのかよっ!!←


それにしても、メイキング。
無駄にヤスケンカッコイイ。



何でもっと早くこの魅力に気が付かなかったのか。
それがほんとうに悔しい。
学生のころなら、
もっと好き勝手におっかけたのに!!!


気がつけば今日御飯食べてないし、
朝コーヒー一杯だけ。
忘れちゃう。
忘れちゃうのよ、食事なんて。


来年の広島公演、ゼッタイ行かなきゃ。
なんとしてでも、行かねば。

すごいよ、すごい。

意識調査とか見たあとに、これ見ると、
役者ってすごいって思う。
posted by さんま at 13:46| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

「選択の自由は残されてるってことか」

1000円だと思ったら、
「割引対象外です」
って言われた。
……ソウナンデスカ。

そういえば、
フツーにこのSolid State Society、
アニメで見逃してたのよねー。
だから、今回が初見ってことで。





慣れないせいか、
やはり3Dは疲れる。
というか、
うーん。
2000円じゃないなあ、アレ。

ポジコメから言えば、
さんまは前からトグサがイイって言ってたじゃない(*´∀`)ノシ


続きを読む(ネタバレするよ)
posted by さんま at 23:02| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

「手錠忘れちゃったんで」

フジテレビ、嫌いだけど、
ホントに、最近フジテレビ嫌いだけど、
報道分野がマジで嫌いというか、
ヒトとしてどうなの、って思うんだけど、


DVD買います。




三脚で固定したスコープ付き狙撃銃とか、
絶対「ジャムった!?」とかいうネタあるんだろうなあ自動拳銃とか、
事務用品で作れるブービートラップとか、
もう、
ぶっ飛んでない武器スキーにはたまりません(*´Д`)ハカハカ
ハンドウェポン萌←


全てが完璧でした!!!
そうこなくっちゃ!!! って感じ。




続きを読む(ネタバレするよ)
posted by さんま at 22:46| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

District 9



ピーター・ジャクソンといえば、
ロードオブザリング、ということで、
気になってた映画。

ヨハネスブルグが舞台、
ってだけで、おおおうっ!!
て感じになった。
大抵エイリアンってアメリカとかじゃね??
しかも、この、
なんと言うかスラムとか蔓延る犯罪とか、
エイリアンに置き換えただけの不思議なリアルさがあるというか、
ブラックホークダウンを連想しちゃったのはさんまだけか。
アフリカって共通点だけか。

作りがニュースのようでドキュメンタリーのようで、
NHKスペシャルって感じ。
「エイリアンさんに対するイメージ街角インタビュー」とか。
こう、
ふざけたエイリアンものじゃなくて、
非常に真面目なエイリアン。
真面目なSFって感じ。
そりゃヨハネスにエイリアンがいて、上空に宇宙船浮いてんだから
そりゃないっしょー、って感じになりそうでならない。
きっとエイリアンがいたならこういうことになるんじゃないのか、といった具合。

それにしても、
各方面から苦情来なかったのかな、この映画。
ナイジェリアに対する偏見云々とか色々問題が出そうだ。


吹き替えで見ちゃったから、
様々な状況の人が使う言葉の違いが堪能できなかったのが残念。
バベルってる世界観が映画に反映されるのはとても好きだ。
イングロリアスバスターズとか。

真面目なエイリアンものって感じ。
ええ、いいかんじ。

posted by さんま at 13:04| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

The Imaginarium of Doctor Parnassus



見たいなあ見たいなあと思ってた理由は、
『ダークナイト』があまりにスキだから。
ヒース・レジャーがスキだから、
だったのですが、

好き系のお話でした。
ええ、こういうの大好き。
そしてリリー・コールたんが可愛い(*´Д`)ハカハカ
どストライクのドール顔(*´Д`)ハカハカ
こういう話大好き。
夢か現か、みたいなホントもう好き好きこういうの!!!

ヒース・レジャーが
ジョニーになったり、ジュード・ロウになるのは
こう、色男っぷりでホント違和感なく、
おお? みたいな感じでよかったんですが、
物語的にも破綻しないし。
ただね、
あの、
コリン・ファレルはあまりに顔の系統が違うのと、
コリン・ファレルはあまりに好みじゃない←ということで、
違和感が……。
いや、違和感あってのお話なんだけど、
多分アレだ。
コリン・ファレルの顔が基本的に好きじゃないということだ。


それにしても、
この、
まるでボッシュの絵のような世界。
安い感じのCG世界がきゅんきゅん。
何故イギリスという背景は、
歪んだ黒いファンタジーをこうも受け入れるのか。
あと、トム・ウェイツがいい味だしてました。
ああいう役が非常に好きだ。
悪魔的、傍観者的、
悪魔で秀逸だったのはコンスタンティンのピーター・ストーメアなんですが、
いや、何ていうか、
全体的に世界観が非常に好みでよかった。
トム・ウェイツのチャーミングな表情が非常によい。
クリストファー・プラナーはやはり素敵オジサマ。
それにしてもリリー・コールたん萌(*´Д`)ハカハカ
posted by さんま at 16:53| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

Le Transporteur 3



何を今更トランスポーター。
だって日曜日にテレビで見たんだもん。

強運なのか不運なのか、判断の難しい運び屋フランク・マーティン。
誘拐とか国家の危機とか、
グローバルな企業の陰謀とか、
ぶっちゃけどうでもいいのですが、
それじゃあ、何で見るのかって言われたら、
そりゃもう、
フランクの新しいスーツの活用方法講座☆のため。

スーツで闘う場合、
大体武器になりえるのはネクタイとベルト。これ王道。
ベルトにいたっては、かの名作ゴッドファーザーでも、
ドメスティックバイオレンス的な道具として活用されています。
それでもイタリア女は旦那が殺されたら弟を怒鳴りにいくんだよ、すげーよ。
しかし、フランクは違う。
ジャケット→ネクタイ→シャツの順番でドンドン脱ぎながら闘う。
いやもう、
正しいスーツ着用時の戦闘方法をご教示いただいて有難うございました。
いつズボンも脱ぐんだろう、どうやって武器にするんだろう、って
下世話なんだか子供なんだか良くわかんないドキドキがありました、はい。

あと、
誘拐されても乱れないヴァレンティーナのアイメイク。
すげーよ、あのアイライン!!
拉致られても妙なブレスウェット付けられても、車で寝てても落ちない!!!
ちょ、それ何処のメーカー!!??
と乙女心が騒いだのですが、
なんてことありません。
涙で落ちました。
つまり、ウォータープルーブでも何でもないわけで、
そうなると、彼女は拉致られている間も欠かさずアイラインだけは書いてた、ということに。
恐るべし、見習うべき乙女魂。
負けたぜ。


今回の敵役ジョンソン。
そう、
いくらさんまがアクションスキーでも、
日曜日の眠い夜にトランスポーターを見てた理由は、ジョンソンの吹き替えにある。
吹き替え則夫キタ!!!
最近の則夫ボイスは、
どうしてもあの、セルみたいなどぅるあああああっみたいなクセのあるヤツばっかりで、
違うよう、それじゃなくて、ビシャスとかロイエンタールとかの声が聞きたいなあ、
って、そんなこと思ってたんですが、
吹き替えだと画面の人間の口の動きに合わせるから、
ジョンソン、ストライクでした←
いやもう、カッコよくてカッコよくて
「声が聞きたかったよ」
なーんて言われた日には、
コーティングされた船のシャボンを貫いて大海原に飛び出す勢いでした、はい←


ストーリーじゃないの。
「あーもったいないねえベンツ」
「アウディ頑丈ねえ」
っていいながら見るのが楽しい。

フランクのジャケットプレイは一見の価値あり。

そんなわけでトランスポーター、結構楽しみました。
posted by さんま at 22:03| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

オーロラ<ラーメン




噂には聞いてたけど、
面白かった。
特になにがどう、って訳じゃないんだけど、
面白かった。
posted by さんま at 22:05| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

パンドラへようこそ!!



今更観たけどアバター。
……。
好みは人それぞれだと思うけど、
ベッタベタですわ。
posted by さんま at 13:51| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

天然お嬢様ラーブ。

はいはい日曜日。
坂の上の雲は必須なんです。
だって、素敵オジサマ祭ですから(*゚∀゚)=3ムッハー!

渡哲也の薩摩弁があまりに不自然で、
ロジェストウェンスキー砲をぶっとばしたくなったんですが、
いやあ、
石坂浩二(*゚∀゚)=3ムッハー!
加藤剛(*゚∀゚)=3ムッハー!
オジサマスキーには、感無量なキャスティング☆←
菊之助がキレイすぎなのと、
アレクセーエフのクオリティに驚愕いたしました。
悪そうっΣ(゚Д゚*)

好古スキーとしては、
もっと好古の面白エピがあってもよかたと思うんだけど、
来年に期待です。
フランス留学時代に土産の酒を列車で飲んだ揚句に、
酔っ払って居眠りぶっこき財布すられたエピとか。
惜しいエピは盛りだくさんだったはず。
今回の視察にいたっては、
「挨拶しねーと駄目じゃん!!??」
って言いながら、止める部下を
「いいからいいから」
ってかわしながら、
ロシアの基地に突撃訪問しちゃうエピとかあったのに、
カットですか、そうですか。

三笠も中々のクオリティなのでは。
来週の旅順閉鎖の映像に期待。
それにしてもライティングが素晴らしいわ。
電気がそんなに無い時代の、昼間の日光の取り方とか、
いやもう、神の領域。

それにしても軍服萌。
来週あたり、ボリス出てくるかなー?
旅順閉鎖で今年終了ってことは、
やはり来年は、外史のプロペラ髭に期待大です。
posted by さんま at 21:17| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

借り暮らしのファントム



劇団四季のクオリティ高っ(*゚∀゚)=3
いやあ、後半だけしか見てないけど、
見ごたえありましたよ。

それにしても、
引きこもりストーカー男の執念というのは凄まじい。
薔薇が新鮮であることが怖い。
誰もハッピエンドじゃねえ、というこの話。

字幕で見たときキュンキュンしましたが、
今回も中々の鳥肌ぶりでした。
歌詞が日本語になるとどーしても英語のかっちょよさが減るけど、
今回はちゃんとミュージカルしててよかったですよ!!!

ファントムのお部屋の大量の家具は、
借り暮らしをしているに違いない。
角砂糖とか置いてみよう。
posted by さんま at 23:35| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョイスがいいのよ、ジョイス。



晩飯時に見てるバーナビー警部。
アレです。
ここのところなかった、推理ドラマの秀作。
バーナビーの発音と言葉選びがすっごいすき。

原作ないかなーって思ってたんだけど、
日本語訳はほぼないとか。
台詞がとても好きなので、原書買うかと悩み中。
Midsomer Murders
ミッドサマー殺人事件ってところか、まんま訳。
ポアロ並みに好きだわ、コレ。
posted by さんま at 20:03| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

Inglourious Basterds




さてさて、
気になってた映画!!
やっと観れた!!
多言語スキーにはたまりませんよ!!
そうそう!! こういうのを求めてた!!!

タランティーノはやっぱりすごい!
てか、ハンス!!Christoph Waltz!!
ええ??!! お前助演なの??!!的な存在感。
ハンスハンス(*゚∀゚)=3
でもなー、
キルビルのが好きかも( ・ω・ )

それにしても、タランティーノ。
美女集める天才お前サイコー。
posted by さんま at 00:46| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

プール



上にも下にも、
右にも左にもいかない映画でした。

タイにいきたいやもーと思った。
湿った場所は結構後回しなんだけどね。
posted by さんま at 22:41| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

殺陣スキー☆




見てきましたよ、蛮幽鬼。
そうですね、

刮目すべきは、

堺雅人の身体能力&うしうし

ではないかと。

ネタバレするよ。
posted by さんま at 17:54| 広島 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

劣等種がっ!!



テレビシリーズ終了から待ちに待った劇場版!!
これ観なきゃ、次のガンダムに進めない!!!
ユニコーンとか見てる場合じゃない!!!←
絶対絶対見に行く!!!

と、朝から主題歌脳内再生だった本日。

観て来たので、
ええ、観て来たので、

とりあえず、

観た人電話でもメールでもツイッターでも何でもいいから
連絡ちょうだい!!!!
んで、話合おう!!
色々と話がしたい!!!


ネタバレするよ
posted by さんま at 23:06| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

サマーウォーズ



あらー。
予想以上に面白かった。
飽きない展開、ナイス展開☆
声優あんまり使ってないからって劇場には行かなかったの。
そこがやっぱり、
なんとなく気になるんだけど、
それでも神木君がかわいかったのでいいとします。

個人的には理一が好きです。
41歳、内緒の部署な自衛官っ!!!

まさかの六文銭。
まさかの戦国ブーム。
意外なところで繋がりました。
posted by さんま at 23:15| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観ろミロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする